今回紹介するのは日本の可愛い家!

今回は、同棲中のカップルのお宅へ訪問。
木材家具、インテリアをふんだんに使った暖かみのあるデザイナーズ
2LDKで、12匹のネコと一緒に暮らすというちょっと変わったお部屋へ伺った。

mass_40



 【お部屋データ】
a0108fc3df90f794bd38311f3b671000-m
所在地:埼玉県越谷市
物件:マンション
築年数:4年
家の広さ:2LDK
家賃:ヒミツ
アクセス:東武伊勢崎線 越谷駅 徒歩20分
住まいの形態:2人暮らし




もともとネコ好きの2人は、自宅で多頭飼いをしていた。
そんな
2人が以前住んでいた部屋は通りに面しており、通りを歩く人には自然とたくさんのネコを飼っているのがバレバレ。いつから始まったのか、2人の優しさに甘え家の前にネコを置いてゆく人まで現れたという。

 

 そんな可哀想なネコたちを引きとって世話しているうちにその数は増え、一時期は30匹近く飼っていた事もあったとか。
“ペット可物件”ではあったものの、さすがに
30匹は多すぎるということで、周りの友人に引きとってもらいだんだんと数を減らしていった。

 

 とは言え、0匹にはならない。
「それでも今、
12匹いるんですよ。それで、数が多いので毎日の基本的な掃除に2時間とか、とにかく時間がかかってしまうので、これは専用の部屋を作ったほうがいいよねという事
になって・・・」というのが引越しのキッカケ、というからネコ好きぶりは徹底している。 




9d70b5791d1b2f49ac307f376146839c

こちらはネコたちのためのお部屋、12匹のネコたちが出迎えてくれる。ネコ好きには堪らないだろう。



37f0ecaa19b4ba08d38a19647804a799

こちらのソファもカリモクだというが、心なしかネコたちも居心地が良さそうだ。





mass_40

寝室にはアンティーク調の鏡台を置くなど、彼女好みのテイストに。 



インテリアBOOK 2012 (NEWS mook)
インテリアBOOK 2012 (NEWS mook)
三栄書房 2012-02-29
売り上げランキング : 287655


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
雑誌の表紙も飾ったこともある素敵な寝室。
この雑誌欲しい!


そのため“ペット可物件”であることは引越し条件として外せない、実際現在も2階の6帖の一室はネコだけのための部屋だ。
となりの寝室が同じ洋室

となりの寝室が同じ洋室6帖であることを考えると、とても贅沢なネコたちと言えるかも知れない。



c316df614dfa2eb2b8b3fee02d19b290

 引越しの条件として“ペット可物件”であることの他にこだわったのが、広いベランダ。
欲しい家具があれば時に
D.I.Yで製作してしまうというから、これも驚きだ。
聞けば彼の前職は住宅内装のお仕事、ということで本棚くらいのシンプルな家具なら作るのも手間ではない、と言うがそれにも壁一面のこれほど大きな本棚をこしらえる、というのはちょっと真似できないだろう。

 

 リビングにはSWITCHのファクトリーテーブルが2台。棚も左右対称にお互いの趣味のアイテムが並ぶ。自分たちで作った本棚は、材料費に塗料や刷毛を含めても23万円というリーズナブルな仕上がり。
学校の教室にあるような、可愛らしい椅子は目黒の家具屋通りで見つけたもの。
 




956eda17583540172e0cc8f199dd1359

「もともとインテリアとか、そういうのが好きだったので」という彼の本棚には、確かに趣味の傾向を物語るインテリア雑誌がギュウギュウに並ぶ。




ccb463335bce36b929bf966b36ab4ade

吹抜が開放感を演出するリビングスペースにはカリモクのソファとテーブルを。


 “ペット可物件”と“広い物件”、それぞれの数は多いもののこれを掛け合わせるとなると、途端に数が絞らてくる。今現在住んでいる70平米オーバーという物件は掘り出し物だ。

 

 決まったルールは無かったと話すが、出来上がってくると自然とスチール製の家具インテリアの少ない部屋になっていった。
木製の家具と、オモチャ箱をひっくりかえしたようなポップな配色の小物は、さながらジブリ映画のワンシーンのよう。「隠すんじゃなくて、お互いの趣味の物が主張しあっている部屋がいいかなぁと思いました。アトリエっていうテイストにしたくて」というのが彼の部屋づくりのコンセプトだ。



aa1bf0c96bad9d61498eca29e08a5ea7




471e4225e1e483dfb0364804d2d2c20a

 部屋に招いた友人には、“魔女の宅急便の主人公キキが住んだ部屋みたい”だと言われたこともあるというが、それはまさに「ジブリのアニメーターさんのデスクみたいな雰囲気も憧れていて、そんな感じにしたかった」という彼の思い通りなのかも知れない。

 

 物置に使っている納戸に棚を取り付けたいという彼と、広いベランダでガーデニンを始めたいという彼女、それぞれで快適に楽しく暮らすための計画もあるとか。これからもD.I.Yでの部屋作りという姿勢は変わらないようだ。 

http://news.livedoor.com/article/detail/5179830/


同じ猫好きとしては半端なく羨ましい。
私も猫ちゃん12匹と一緒に暮らしたい。

ドレッサー、シャビーで可愛い。

お部屋もジブリっぽくて素敵だし雑誌の表紙まで飾ってるし
このおうちに住んでる人と猫は幸せだろうな。

クリックお願いします!
順位が上がると嬉しいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

北欧(インテリア・雑貨) ブログランキングへ

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)
風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡 (文春ジブリ文庫)宮崎 駿

文藝春秋 2013-11-08
売り上げランキング : 3244


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサードリンク